生涯学習講演会生涯学習講演会

広い視点をもった生涯学習を広い視点をもった生涯学習を

生涯学習開発財団は、2012年より、「生涯学習」に関する独自の講演会やトークショーを開催しています。
テーマは「コミュニケーション」「アート」「学び」を中心とし、参加者と共に探く掘り下げていく自主的な学びの場です。
ここでは、広く新鮮な視点をもち、社会に役立ていくことを目標としています。
みなさまのご参加をお待ちしています。

お問い合わせ

2020年

【11月開催】シンポジウム「言葉の通じないものと対話する方法 〜小径が開く時〜」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第24回
講師:
鴻池朋子
アーティスト ドミニク・チェン
研究者、早稲田大学文化構想学部准教授
開催日:
2020年11月17日(火)
会場:
オンライン(Zoom)

大切なものは美術館の枠にはまらない

お二人の対談は、「グローバリズムとかの借り物の言葉を使わないで」と、言葉遣いそのものの確認から始まった。平日の夜。参加者は約100人。ユニークな展覧会を開いてきた鴻池さんと、それらを「おもしろいな」と鑑賞していたドミニクさん。話は自ずと「作品って、展示って、何なのか」に向かっていく。それはまるで鴻池さんの展覧会をドミニクさんと一緒に自由に観ているよう。最後にドミニクさんが「小径は一時的な獣道。放っておくとなくなる。でもそれがいい」と言えば、鴻池さんは「全く違う分野の人とでも開く道、抜け道を持っているのがいいな」。このシンポジウムそのものが視聴者にとっての“小径”になったのではないだろうか。

【9月開催】シンポジウム「アートを楽しむワークショップ体験ミュージアム」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第23回
講師:
山原すすむ
グローバル&イノベーションコンサルタント 栄前田勝太郎
株式会社ゆめみ
開催日:
2020年9月5日(土)
会場:
オンライン(Zoom)

体験型ワークショップをオンラインで実現

鑑賞する、想像する、描いてみる、言葉にしてみる……。さまざまなアートの楽しみ方を盛り込んだ今回。ワークショップは2種類用意された。Aは対話型鑑賞、Bはブラインドスケッチ。Aでは現代アーティストの北桂樹氏をゲストに迎え、画面に写る北氏の作品を見ながら、参加者たちが感じたことを話し合った。Bでは2人ずつのグループに分かれ、一人が作品を見て言葉にし、もう一人はそれを聞きながら手元の紙にその作品を予想しつつ描く。できあがった作品は公開して確認。オンラインでもリアルのワークショップと変わりのない体験ができるよう、たくさんの工夫を重ねた回となった。

【7月開催】シンポジウム「平田オリザさんと考える いま「文化」を学びなおすということ」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第22回
講演:
平田オリザ
演出家・劇作家
開催日:
2020年7月15日(水)
会場:
オンライン(Zoom)

初のオンライン開催 演劇がひらく対話力

財団主催シンポジウムでは初のZoomによる開催となった今回。平日の夜に、150名もの方が参加してくれた。演者の平田氏は舞台演出で活躍する傍ら、学校で演劇の授業も行ってきた。演劇は正解がわからない中で他者と話し合う。そのため、児童たちは相手が望むことを受けとめれば自分の意見が通りやすくなることを学んでいく。会話はあっても対話のない日本。伝わる話し方やエンパシー(共感)の大切さ、コロナウイルスでの市民の分断……。豊富な話題は兵庫県豊岡市で実施している文化と教育施策へ発展していき、最後には視聴者からの質問も受けつけた。

2019年

【11月開催】「生涯学習とスポーツ」

「生涯学習とスポーツ」勉強会と懇親会
講演:
苅宿俊文
青山学院大学 社会情報部教授
日本ミニバスケットボール連盟 元理事
坂本正裕
「KARATSU LEO BLACKS.EXE」GM
(3×3プロバスケットチーム)
森圭司
実践学園中学校教員
開催日:
2019年11月29日(金)
会場:
新虎ノ門実業会館(勉強会)
虎ノ門実業会館(懇親会)

スポーツで人を育てる、人をつなぐ

当財団の松田妙子前理事長の大叔父、大森兵蔵は、1900年代初頭、日本にバスケットボールを初めて紹介した。そこでバスケットに的を絞り、「生涯学習とスポーツ」を多面的に考察する勉強会を開催した。冒頭の挨拶で当財団の代表理事、横川浩氏は「生涯スポーツの意義」について語り、苅宿俊文氏は「バスケットボールと社会との関わりを事例を通して考えたい」と提案。それを受けて、坂本正裕氏は「スポーツと地域活性化」、森圭司氏は「生徒の主体性と成長」について話された。会場を移しての懇親会では初対面同士でもすぐに打ち解け、まさにスポーツの魅力を実感できた会となった。

ご協力をいただいた法人等

【9月開催】シンポジウム「ビジネスの限界はアートで超えろ! 実践ワークショップ」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第21回
講演:
増村岳史
アート・アンド・ロジック株式会社 代表
開催日:
2019年9月14日(土)
会場:
AP東京 八重洲通り

アートで鍛えた発想力はビジネスに生きる

西洋での美術教育は、絵を見てどう感じるか言語化することから始まる。それが仕事に必要な交渉力を養う。アートは「生きるための武器」でもあり、ゼロからイチを生み出し、新しい価値を創造する。200年も前の印象派の絵が今でも古くさく見えないのはそのためだ。増村氏は、「絵は意識を転換させれば誰にでも描ける」と言う。講義中、3つワークを行った。実際に絵を描く体験を通して受講者は、自分の思考パターンや内面を発見していった。発想力は身近な実践で開拓できる。それに気づいた全員の笑顔が印象的であった。

【7月開催】シンポジウム「「ニュータイプの時代」あなたは価値観をアップデートできるか」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第20回
講演:
山口 周
株式会社ライプニッツ代表、独立研究者
開催日:
2019年7月10日(水)
会場:
青山学院大学 青山キャンパス

「問題発見力」を養おう

いま、従来の価値観は大きく揺らいでいる。便利なモノより意味のあるモノに注目がいき、モノをどう捨てるかの本が世界中でベストセラーになっている。過剰な利便性は価値や富を生まなくなった。では、そんな時代に必要な力とは何か。山口氏は、「当たり前を疑い、そこに社会的価値を見いだす力」が大切だと言う。そのために役に立つのが、絵画を見て、描かれているものを言語化すること。つまり断片的な情報から論理的に推理する訓練をすることだ。それが、世の中の出来事から時代を読み取るプロセスに通じる。最後は、苅宿俊文氏とのクロストークと会場からの質疑応答で締めくくった。

【3月開催】シンポジウム「大学の実践的活用法 〜「学び」は新しい人生の原動力〜」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第19回
講演:
名取 隆
立命館大学大学院 テクノロジー・マネジメント研究科長、教授
開催日:
2019年3月10日(日)
会場:
立命館いばらきフューチャープラザ
カンファレンスホール

学びは人生を幸福にする

「学び」は、幸福の重要な要素だと名取先生は言う。学びで自身が変化し成長したと感じられる人は、幸福感も強いのだそう。では社会的な課題はどう解決すればよいのか。先生は技術経営学の手法である品質機能展開法(QFD)を紹介する。“品質表”作成の詳しい説明後、参加者には実際に演習問題に挑戦してもらった。さらに「知のプラットフォーム」である大学の活用法も教示。学生、研究員、図書館利用、公開講座参加……。大学はその人の状況にあわせて様々に利用できる。人生100年時代。「生涯研究」のスタンスで、大学をもっと活用して人生の原動力にしようとのことでした。

2018年

【10月開催】シンポジウム「人生100年時代の働く大人の学び方」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第18回
講演:
中原 淳
立教大学経営学部教授
開催日:
2018年10月7日(日)
会場:
青山学院大学 青山キャンパス

自ら学びをデザインし、自分の未来をつくろう!

ワークショップデザイナー(WSD)育成プログラム2,000人突破記念を兼ねた今回のシンポジウムは、約250名もの方が参加された。中原氏は冒頭、この講演会はただ聞いて帰るだけでなく、「聞いて、考えて、対話して、考える」会だと念を押す。その通り、要所要所で近くに座っている人同士で話し合う時間がもたれた。中原氏は言う。「人生100年時代、長期化する仕事人生に備えて学び直すことが必要になる」。では、大人の学びで大切なことは何か。具体的に何をすればよいのか。例えば、本を1トン読む、越境する、人に教えてみるなどがよいそうだ。最後に、苅宿俊文氏やWSDの受講生らによる、各自の「学びの履歴書」も紹介された。

【7月開催】シンポジウム「越境的学習を通じた学びなおしの継続」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第17回
ワークショップと講演:
石山恒貴
法政大学大学院
政策創造研究科教授
開催日:
2018年7月15日(日)
会場:
東京大学 福武ホールラーニングシアター

アウェーでの学びと気づきがホームで生きてくる

『時間と場所を選ばないパラレルキャリアを始めよう!』の著者である石山さん。自分の所属している状況=ホームから出て、アウェーで社会的活動などを行い、ホームとアウェーを行ったり来たりするのが越境的学習と話す。そして社会人の学びの実態や問題点も、次々と示していく。越境的学習は年齢や置かれている立場に関わらず誰にでもでき、最初の一歩を踏み出すためには読書会でもいい。新しい経験、すなわちアウェーに行ける開かれた姿勢が大切とのこと。最後に参加者を小グループに分けて講師への質問を考える、越境的学習を体験する場がもたれた。

【3月開催】第1回「博士号取得者の会」発足記念トークセッション

「生涯学習が創る学際プラットフォーム ─人生100年時代を迎えて─」
パネリスト:
結城哲彦
2015年博士号取得(法学)池上萬奈
2012年博士号取得(法学)滝澤寛
2015年博士号取得(理学)
開催日:
2018年3月23日(金)
会場:
生涯学習開発財団セミナールーム
コーディネーター:
苅宿俊文
青山学院大学 社会情報部教授
NPO法人ワークショップデザイナー推進機構理事

博士号を出発点として社会に役立てていく

2011年から始まった「50歳からの博士号取得支援」事業も今年で7年目を迎え、この事業をもっと皆様のお役に立てるようにと開催した今回のトークセッション。パネリストの3人の方には、「博士号取得後、どのように活かしているのか」「研究を続けていくエネルギー源は何なのか」など、社会人が何年も研究を続けていく際のモチベーションについて話していただきました。会場との質疑応答もあり、トークセッション修了後の懇親会は、参加者同士の情報交換の場となりました。最後に選考委員長の張競先生から「高齢の博士号取得者が活躍していく場をもっと増やしていきたい」とのお言葉をいただきました。

【3月開催】シンポジウム「進化する「プレイフル!」 〜創造的な大人の学びをつくる〜」

「多元的共生社会における生涯学習を考える」シリーズ第16回
ワークショップと講演:
上田信行
同志社女子大学 現代社会学部現代こども学科特任教授
ネオミュージアム館長
開催日:
2018年3月11日(日)
会場:
京都市梅小路公園 緑の館イベント室

ポジティブな思考を持ち、どんどん実行していこう!

今回のシンポは全員参加のダンスから始まった。次に7名のグループに分かれ、レゴブロックを積み上げ高さを競うゲーム。この後の講演で、ゲームの狙いが明らかにされた。一連のワークショップは、「実行」と「共通体験」の重要性を伝えるためだ。努力すれば成長できるという信念が大事。そこで「つくって」「語って」「振り返る」ことで自分の思考や行動を客観的に把握し、4Ps(「project:計画」「peers:人」「passion:情熱」「play:遊び」)を機能させて課題解決を図る。最後に質疑応答も行われ、聴衆の積極的な参加が目立つ回となりました。

講演会アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

一般財団法人 生涯学習開発財団 事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-20 虎ノ門実業会館9階
TEL:03-3508-4551 FAX:03-3508-4550

Copyright (C) Foundation of Global Life Learning Center. All Rights Reserved.