国際交流支援国際交流支援

ハーバード大学クロコディロスの日本公演を後援していますハーバード大学クロコディロスの日本公演を後援しています

現役ハーバード大学生によるア・カペラ男声合唱団「ハーバード大学クロコディロス」は、巨匠故レナード・バーンスタインが絶賛した歌唱力で知られています。当財団の理事長松田妙子は合唱団メンバーと1980年代より交流を続け、平成6(1994)年、理事長は名誉会員に選ばれました。その後、当財団がクロコディロスの日本公演事務局となっています。

アメリカの将来のリーダーとなる学生たちに、日本各地を見て体験し、多くの日本人と交流してほしいとの思いで、毎年いろいろな方々の協力を得ながら、地方の学校、施設などで、コンサートを開いています。

グループの名前「クロコディロス」は、1770年、ハーバードで生まれた米国初の社交クラブのバーに飾られていた剥製の鰐に由来しています。

クロコディロス60周年記念式典。日本公演事務局として招待されました。
最前列左から6番目が松田理事長。平成18(2006)年

クロコディロスの活動としては、毎年夏休みの10週間にも及ぶ6大陸ワールドツアーや春休みのバミューダ諸島ツアー他、年間200回以上の公演をこなしています。
日本でもほぼ毎年、全国各地でのコンサート、学校や施設などの活動を通じて、皆様との交流・つながりを深めています。

クロコディロス70周年記念式典。ハーバード大学のメモリアルホール
サンダースシアターで2016年3月4日に行われました。今回も当財団は、日本公演事務局として招待されました。

クロコディロスのメンバー12名が集合

70周年記念イベントの招待状、チケット、パンフレット(上)。
パンフレットの謝辞のページには、松田妙子理事長と佐藤梨奈部長の名前が(下)

70周年記念イベントの詳しいレポートはこちら

クロコディロス 日本公演レポートクロコディロス 日本公演レポート

2017年の日本公演は、6月17日から同25日にかけて、東京と京都で行われました。東京では、帝京平成大学沖永記念ホールやイタリア文化会館アニェッリホール、神楽坂のホステルUNPLAN内で歌声を披露し、京都では、京都国立博物館や漢字ミュージアムなど各所でミニコンサートを行ったあと、京都堀川音楽高校音楽ホールでファイナルを飾りました。


帝京平成大学沖永記念ホールにて、
早稲田大学OB倶楽部グリーとのジョイントコンサート

神楽坂のホステルUNPLANのラウンジで

2016年の漢字「金」が展示されている
漢字ミュージアムにて

NHK京都「ニュース630 京いちにち」に出演

清水寺の仁王門にて

京都国際マンガミュージアムのグランドにて。屋外で、のびのびアクションしています

京都堀川音楽高校のホールにて最後のステージ

茶道総合資料館で茶道体験もしました

国際交流を目的とした地域活性化に協力します

お問い合わせは生涯学習開発財団ハーバード大学クロコディロス日本公演事務局まで
ハーバード大学クロコディロスのサイト http://www.kroks.com

クロコディロスHPに松田妙子理事長が紹介されています!

ハーバード大学クロコディロスのHPには、1994年、名誉会員に選ばれた松田妙子理事長が紹介されたページがあります。理事長がグループと関わるようになったいきさつから、一家をあげてクロコディロスをサポートする様子、最後には理事長の経歴まで、たくさんの写真とともに掲載されています。クロコディロスは理事長との交流を「たいへん幸運なこと」だと言います。ぜひ、ご覧になってみてください。
Archives of the Harvard Krokodiloes: Madame Taeko Matsuda, HK 1994

一般財団法人 生涯学習開発財団 事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館2階
TEL:03-3508-4551 FAX:03-3508-4550

Copyright (C) Foundation of Global Life Learning Center. All Rights Reserved.