一般財団法人への移行にあたって

公益法人制度改革に伴い、一般財団法人へ移行することを評議員会および理事会に諮り移行申請を行ってまいりましたが、内閣府から認可を受け、平成25年4月1日をもって「一般財団法人生涯学習開発財団」に移行致しました。

当財団は昭和58年4月1日に財団法人として設立され、「生涯学習」という言葉・概念を日本で初めて提唱しました。以来30年にわたり生涯学習の啓発に取り組んでおります。この度の法改正にあたって、一定の制約がある公益法人よりも本来私どもが設立当初より考えてきましたより自由度の高い財団としての姿を推進したく「一般財団」が相応しいとの判断に至りました。今後とも「一般財団」としての利点をいかし、先進的で多様な取り組みを事業化し、展開して参ります。

一般財団法人移行後も、業務に関しては特例法上の位置づけは変わることなく、引き続き今までと同じ公益性の高い事業を遂行していくため、公益目的財産額について毎年度一定額を定め公益目的に支出を行います。

また、「生涯学習開発財団」および「Life Learning」は財団の商標権とし、世界に向けて「生涯学習」の理念をさらに広めて行きたいと考えております。皆様と共により良い社会を目指し、将来の日本を支える人材育成を支援して参りますので、今後とも一層のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

2013年4月1日
一般財団法人 生涯学習開発財団 松田妙子